看護部

看護部紹介

総看護師長からのメッセージ

 

 平成30年4月に総看護師長を拝命いたしました。

 病棟・外来勤務そして師長職を経験させていただくことで多くの患者様・ご家族様と接してまいりました。その中で患者様・ご家族様の思いに寄り添える医療提供をするためには、他職種連携、情報の共有がとても大切であると感じました。当院は内科(循環器・消化器・糖尿病内科)を主として医療を提供しております。高齢化が加速する地域において、急性期、亜急性期(回復期)、慢性期医療の様々な疾患に対応できるよう、看護スタッフは常に学びスキルアップをし「質の高い看護の提供」「医療の安全」に努めています。

 そしてこれからの医療は、患者様一人ひとりのニーズに寄り添える医療の提供、地域の医療機関並びに介護サービス事業所と地域の連携が欠かせません。私たち看護部は、入院前から患者様とそのご家族様との関わりを持つよう努力し、退院後も住み慣れた地域で生活ができるよう患者様・ご家族様と一緒に在宅支援を考えてまいります。

 看護要員におきましては、組織の風通しを良くし、研修機会の提供、適正人員の確保、休日の確保をすることでワーク・ライフ・バランスを大事にし、長く勤められる職場にしていきたいと思います。

総看護師長 西沢久美